黒曜石・下呂石・サヌカイトと「石目」(2) [石器作り]

 黒曜石は、溶岩が火道に入って固まる時、ゆっくり冷えた部分が流紋岩、急に冷えた部分が黒曜石、その中間に両方が混じった部分ができるため、大きく見ると「石目」はある。また、火道から流れ出して固まった場合も、流理構造という「石目」ができる。 黒曜石の加工では「石目」は無縁に近かったとしたが、使っていた、白滝産の黒曜石は、黒曜石の部分が厚く、全く「石目」のない、大きな原石を加工できたからである。 信州には、和田峠・霧ヶ峰・鷹山・麦草峠・冷山等の原産地があるが、下の写真のように、石目や不純物混じる黒曜石が多く、旧石器人や縄文人は、小形で良質な原石を選び出して石器を加工している。 
 
DSC01900 (800x600).jpg
上の写真は、尖石縄文考古館の玄関前に置かれている高さ70㎝、幅1mの黒曜石である。茅野市の原産地である「冷山」から運ばれたもので、マグマが流れながら、流紋岩と黒曜石になったため「流理構造」と言われる「石目」と、球顆などが混じり、石器の加工には向かない、粗悪な黒曜石である。

DSC01860 (800x600).jpg
 上の写真は、「冷山」の原石で、黒曜石と、流紋岩の粒が層になっている。

DSC01905 (800x600).jpg
上の写真は、麦草峠の黒曜石。「冷山」の黒曜石と同様に、「流理構造」という「石目」があり、黒曜石に挟まれた流紋岩(ピンク色の部分)が、粘土化して、黒曜石が板状に剥がれ落ちたものと説明を受けたことが有る。 
 「冷山」の下、「逆川」の縁にある「渋川遺跡」の旧石器人は、黒く良質な板状の原石を、石目の加圧方向④の、石目の面に対して直角方向に加工した、みごに加工している。

DSC01871 (800x600).jpg
上の写真は、和田峠の黒曜石で、白いぽつぽつの線と縞模様が見える。両方ともマグマの流れで作られた「石目」であると思われるが、白い流紋岩の粒が多い場合はこの線から割れて石器作りができない。しかし、縞模様は、強度に問題は無く石器作りが可能である。

 尚、茅野駅のプラットホームにも 「冷山」の大きな黒曜石が置かれている。

 次は、「下呂石の石目」をまとめてみたい。
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 2

八ケ岳

黒曜石で書いたやっためさんの顔、ナイスですね。
思わず笑っちゃいました。
by 八ケ岳 (2011-02-06 21:32) 

やっため

こんなことばっかり考えています。
by やっため (2011-02-07 08:54) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます